41歳ノーファンデ肌の秘密【継続すべきはまず1つ】

福島県郡山市の猫店長がお出迎えするリンパドレナージュサロン&アロマスクール、メディカルアロマ&リンパドレナージュkimyaku(キミャク)のオーナーセラピスト、橋本です。


周りのエステサロンさんとそのお客様を全員敵に回しますが、私は肌トラブル解消のためのフェイシャルエステはほぼ意味がないと思う派です。


写真は私のノーメイク写真(本日撮影)。


1979年11月生まれで現在41歳、フェイシャルエステは行ったことありません。


そして使っている化粧水は手作りアロマローションと、薬局で売ってる千円台の乳液。


こういう現実を加味してお話しますね。



フェイシャル経験なしと言っても、1度だけフェイシャルの練習のモデルになったことはあります。


とても気持ち良かったので、受ける意味があるとしたらこの『気持ち良さ』のためかしら、と思います。


人に触れられてオキシトシン分泌が促されるのであれば、そういう意味ではフェイシャルもいいと思います。


しかし美肌のためには何より『自宅ケアが重要!』と言いたいです。


自分に合わない間違った自宅ケアをしていれば、どんな高いスキンケア用品を使おうがエステに通おうが無駄!と私は言いたいです。


自宅ケアとは食生活なども関与してくることをお忘れなく。



この話題、しばらく回数にわけて書いていこうと思いますが、私が10代から徹底していたスキンケア方法をご紹介します。


1:日焼け止めは必ず塗る(ファンデは塗らずとも日焼け止めは外出時絶対塗る)


2:メイクは帰ったら速攻落とす


3:メイクを落としたら保湿は絶対する(どんなものでもいいので保湿する)


この3つは徹底してました。


この中で私が1番継続のたまものだと思っていることは、日焼け止めの徹底です!


私は夏はガンガン外に出るし、服装ははショートパンツにタンクトップです(家で冷房をほぼつけないため)。


日傘をさしたり長袖を着たりなど、涙ぐましい努力はしません。