耳鳴りを精油でなんとかする?いやいや、無理でしょ!の結果…!?

今回は、メディカルアロマの勉強をしていた自分が一番精油の力を信じていなかった!!というお話です。



皆さん薬ってどこまで信用していますか?


頭痛には『鎮痛剤』、下痢には『止瀉薬』など、明確な症状の場合は市販の薬でも対処しやすいですね。


しかし良く分からない原因からくる不快な症状、例えば耳鳴りとか不眠ですが、これらは様々な原因が絡んでいるので、病院で薬を処方されても合わなかったり、イマイチ症状が改善されなかったり…原因がわからずに対処できない、なんて経験ある方もいるのではないでしょうか。


私がアロマの資格取得のためにスクールに通っている頃、パニック障害のために20年近く飲んでいた安定剤を無理に減薬しました。


薬を飲んでも結局は電車に乗れる時期と全く乗れない時期、普通に過ごせる時期と外に出るのが怖くなる時期を繰り返すことに、ほとほとウンザリしていたのです。


『安定剤を飲んでも意味がない』そう判断した私は、本来なら医師の指導の元にゆっくりと減薬しなければいけないことろを、一気に辞めてしまいました。


0か100か、黒か白か、もともとそんな性格なもので…。


結果、激しい離脱症状に襲われました。



離脱症状とは、とっても簡単に説明すると禁断症状のこと。


今まで脳のバランスを保っていた成分が急激にバランスを崩すことにより、あらゆる不調が出てきます。


当時は歩いていると転倒しそうになるほど三半規管がおかしな状態。


しかし、これを乗り越えれば楽になると信じて、意地でも薬を飲むことはしませんでした。


あまりに平衡感覚がおかしい状態が続いたある日、近所の脳神経外科に行ってMRIから平衡感覚テストまで複数の検査をしました。


検査の結果、私の平衡感覚は明らかに異常だが、脳には異常なし。


先生は薬を処方の際に丁寧に薬の作用を説明してくれました。


『これは血流をよくするもの…』『これは〇□※▲☆…』


耳鳴りにはそういう薬の処方をするんだ…と、薬の処方の仕方に関心がいったのを覚えています。

しかし、数日薬を飲んでも症状は改善されませんでした。


そもそも安定剤の離脱症状、色んな問題が絡んでいるので一筋縄ではいかない模様。


薬に対する信用は、『ま、そんなもんよね』…という感じでやはりダダ下がり。

</