猫とアロマテラピー:2

更新日:1月14日

福島県郡山市の猫店長がお出迎えするリンパドレナージュサロン&アロマスクール、メディカルアロマ&リンパドレナージュkimyaku(キミャク)のオーナーセラピスト、橋本です。



前回は、猫と精油に関しての記事の内容があまりにも信ぴょう性が薄いというお話をしました。


今回は私が猫と一緒に生活する上で、アロマテラピーを続けるに至る考えを明確にした理由をご紹介します。



信頼できるネットの記事って?

ネットで論文や実験データをベースに記事を書く場合、当然ですがその出どころにリンクを張る、または出どころの著書などを明記するのが常識です。


例えば論文ベースで健康記事を書いている『パレオさん』ことライターの鈴木祐さんのブログを見れば一目瞭然ですね。


この方、年間5,000本もの化学論文を読んで本業以外に執筆しているってんだから、論文ベースで記事を書くプロです。


この方のブログを読んでいると、論文ベースの記事ってこういうものなんだって理解できるようになると思います。


メタ分析(※1)で調べた話題もよく取り上げられていますので、データとしてかなり信頼できます。

※1…ざっくり言うと分析したデータを集めて更に分析したもの。要は1つのテーマについて調べられた論文を複数集めて比較検討し、導き出した分析結果のことです。


私がネットの猫とアロマ記事をうさん臭いと思うのは、何度も言うけどここ!


実験した大学と内容は記してあるけど、肝心のその論文へのリンクも、その文献画像もないのです。


『ミョウガを食べ過ぎると物忘れがひどくなるよ(世代ネタ?)』、くらいの信ぴょう性くらいのものです、私にしてみれば…。



ついに出会った、信じられる記事!

これはもう、ガチで論文あさりをしますか~って時。


少し前にFacebookかInstagramか忘れたのですが、多分『メディカルアロマ』で見つけたアロマスクールの方のメルマガに登録していました。


自然治癒力を上げたい人のためのメディカルアロマ実践塾 double drops の菊地 裕子さん。


彼女と私のアロマテラピーに対する考え方は近いなぁ…と、彼女のメルマガ内容を読んで日々勝手に親近感を抱いておりました(迷惑行為)。


そしてある日、猫とアロマテラピーに関する記事検索をしていたら、なななんと!彼女のブログに著書ベースの内容が書かれていたではありませんか!


そのブログの内容がこちら!


菊地さん、私と違ってとても聡明な文章。表現の仕方も上品でマイルド。


すごく見習いたけど、私はぶった切るスタイルの方が合っているので仕方ないかな(笑)。