猫とアロマテラピー:1

更新日:1月14日

福島県郡山市の猫店長がお出迎えするリンパドレナージュサロン&アロマスクール、メディカルアロマ&リンパドレナージュkimyaku(キミャク)のオーナーセラピスト、橋本です。



今年の8月にナツさん、9月にベル君を迎え入れた我が家ですが、それまでは対人に対してのアロマテラピーにしか興味がありませんでした。


まあ、当たり前と言えば当たり前の話です。


しかしサロンをオープンする際にふと猫とアロマテラピーについて気になり、自分なりに調べて愕然としました。



猫に精油は危険だって!?

まずネットを検索すると、大概のページには猫に精油は有害とか厳禁と出てきます。


記事によっては『命に関わる!』なんて物々しいタイトルも。


これはショックでした。だってうち、アロマサロンや~ん…て。


しかし、色々な記事を読むと、どうも出所が1つのようなのです。


要するに『猫に精油は有害』と記すサイトの殆どが、どこかの記事のコピペをしているであろう内容なんです。


そしてその内容がちょっと悪意があるなというか、思慮に欠けると私は感じたので、ここでその理由を解説したいと思います。



●ネットの記事の内容


どの記事を読んでも出てくる内容が以下です。


1:猫は完全肉食動物なので植物の成分を代謝する機能がない


2:ティートゥリー精油配合のシャンプーやノミ防除用商品を使用した猫が多かったので1998年にアメリカのコーネル大学で実験が行われ、ティートゥリー精油の猫に対しての有害性が発覚。


猫に対しての精油の有害性を主に訴える内容と事実ベースの内容が主に上記の2点です。


1は納得。とても納得。


とはいえネットでは白菜やキャベツを食べる猫さん、沢山いますけどね(笑)。


ただユリの花は絶対に部屋に入れないようにとナツさんの保護先からも注意されていましたし、ある特定の植物には特に耐性がないのだということは理解します。


私が疑問視したのは事実ベースで語られているような2の内容なのです。


一見実験の結果も踏まえているし、信ぴょう性が高いように感じられるかも知れません。


でも実験や論文はどのような被験体を使ってどのように行われたのか、これをきちんと読み解かなければいけないと私は考えます。



●コーネル大学の実験の内容