暗黒メンヘラ時代を乗り越えて改めて想うこと ~メンヘラ形成~

更新日:5月23日



幼少期の人格形成時の家庭環境にかなり問題があった私の話をします。


細かく書くと(細かく書かなくても)長くなるので、かなーり割愛しますが、私は母方の実家で生まれました。


祖父と父はマスオさん。


要は苗字は夫側だけど、住んでいる土地は妻側という状態。


1歳上の兄がいて、親戚に囲まれた土地で体裁を気にするザ・女系家族に生を受けたのですが、私は望まれない子供でした。


なぜなら、兄が長男として生まれているので家系存続の目的は果たされていたし、年子は貞操観念が低い(要はヤってばっかり)と周りに思われるから。


堕ろしてしまえと母は祖父母に言われたそうです。


しかしそれに反発して母が生んだ私は、皮肉にも母の望み通りの女の子だったので『望(のぞみ)』と名付けられました。


生まれて数年経つと、そんな母からも『お前はうちの子じゃない』と言われるようになるんですけどね。



私は小さい頃からこの母方の祖母の目の敵でして、祖母が私の発言に対して笑ったのを初めて見て衝撃を受けたのは、小学5~6年生の頃だったと記憶しています。


それまで私は祖母に笑顔を向けられたことがなく、まるで昼メロ(昭和ネタ失礼)よろしく、私には真顔、横の兄と話すときは満面の笑みという対応を繰り返されます。


そんな大正生まれの祖母は、1日の起きている時間の殆どを祖父を罵倒することに費やしていました。


一般家庭では有り得ない話なのですが、放送禁止用語が祖母から祖父に姿が見えるたびに浴びせられるのです。


簡単に言っちゃうとモラハラ、というか精神的DV。


そんな祖父は『聞か猿(難聴)スキル』を身に着け、祖母の話をほぼ聞き取れなくしてやり過ごすうという、仙人のような人でした。


家族の中で多分、祖父が唯一フラットに人に接することのできる存在だったと思います。


だって私が幼少期に子守唄を歌ってもらったのは、母ではなく祖父。


絵本を読んでくれたのは、我が実家から数メートル先に住む祖母の妹だったから。