女子力アップ精油の危険性

更新日:2020年9月16日



今回はネットで女子力アップと言われる精油(クラリーセージ、イランイラン)について記したいと思います。


女性は特にしっかり読んでくださいね。


アロマのレシピサイトなんか見てると、『女子力アップには女性ホルモンと同じ働きをする成分の入ってるこの精油(キラキラリン♪)』みたいに紹介しているサイト、めっちゃ多いですね。

お恥ずかしい話、数年前のまだアロマテラピーを理解していなかった私は、こういったサイトの情報を鵜呑みにしておりました。


そういうサイトはアロマバスの説明も原液をお湯に垂らすだけといった危険な使用法を説明していたりもします。


精油は性質上水には溶けません。乳化剤で乳化しない限りは均等に液体には混ざりません(ちなみに塩は乳化剤じゃないですよ)。


肌の強い人はいいかも知れないけれど、精油の高濃度塗布はどんなに穏やかな作用の精油であれ、皮膚刺激があります。


たまに精油の原液塗布を推奨しているサロンやサイトで、原液塗布した際に肌が赤くなることを『好転反応』などと記していたりしますが、それは単に刺激によって皮膚が炎症を起こしているだけですよー!!

肌が赤くなる好転反応のメカニズム、ちゃんとそのサロンやサイトは説明してくれていますか?


アロマテラピーはオカルトじゃないので、精油の化学をきちんと理解していないと大変なことになります。


世界的にみると、精油での死亡事故もあるのですから…。



では話を戻して、女子力アップにイランイラン推し記事なんかよく目にしますが、イランイランは血圧降下作用が強い精油です。

芳香浴ならまだしも、低血圧の方はトリートメント用に塗布するのは私としてはオススメしないなぁ…といった感じ。

高血圧の方にはいいけれど、私はあえて低血圧の方には使わないようにしています。

そもそも低血圧の人はイランイランの精油を好む傾向は少ない傾向にあります(今までのお客様の体質診断&カウンセリングでは)。

なのでそこまで心配ではないですが、しかし怖いのは『女子力アップ』に固執するがあまり、自分が欲していないのに身にまとう系の方。



女子的な魅力って、無理して出るものではないと私は考えています。


そもそも論として、自分に正直に生きないと後々しんどくなるので女子力というか人間力にも影響が出そうなので、無理はしないで欲しいですね…。


昔誰かが言った『オシャレは我慢』みたいな名言は人を生きにくくするだけかと。


では次に、女子力アップ精油でネットで出ているものとしておなじみ、クラリーセージ。


この精油は女性ホルモン様(エストロゲン様)作用が相当強い精油です。